迷彩服の通販・自衛隊迷彩Tシャツ販売【迷彩服.com】

mf_bill.jpg

迷彩服豆地域

陸上自衛隊 - 迷彩服

陸上自衛隊では迷彩模様は威圧感や戦争色をイメージさせるためかオリーブドラブ(OD)が用いられることが多かったが、昭和後期には戦闘服にも迷彩が用いられるようになった。しかしながら、北海道の笹藪を元にデザインされたといわれる迷彩パターンは一部地域を除き、近距離では非常に目立つものであった。特にベース色の薄緑色部分は洗濯をするうちに水色のような発色をするようになり、敵に察知されやすいと不評であった。

そのため平成期になり、新型の迷彩パターンが研究されるようになり、1992年には迷彩II型(通称、新型迷彩)の戦闘服(後に作業服も迷彩化した)の支給が開始された。新型迷彩は、日本の様々な山野の風景をコンピュータ処理し、日本の気候風土に合った迷彩パターンをドット化してデザインしたもので旧迷彩よりも大幅に性能が向上していた。現在は戦闘服と作業服がこの新型迷彩へ移行し、旧迷彩やODを見かけることはほとんどなくなった。

2004年からのイラクのサマーワへの自衛隊派遣では各国が砂漠地帯用の迷彩パターンを採用した被服を用いる中、日本の自衛隊は"日本の平和復興部隊の駐留"であることを強調するため、あえてこの緑色の迷彩パターンの被服(防暑服4型という特注品)を採用した。イラクなどのイスラム圏では緑は高貴な色とされておりそれを踏まえ戦闘部隊ではないという意味をこめたとも言われている。


概要

迷彩服2型(めいさいふく2がた)とは、旧迷彩服に代わり1992年より陸上自衛隊に導入された迷彩服である。海上自衛隊が陸上戦闘服として採用しているほか航空自衛隊の一部、航空救難団の救難服の一つにも採用されている。

陸上自衛隊では演習時など、1970年代半ばより、迷彩服2型(新迷彩服、または新戦闘服など)の採用までは「戦闘服(旧迷彩服)」が使用されてきた。しかし、旧迷彩服の迷彩パターンは北海道の主要埴生である熊笹と赤土土壌を考慮した物であったため、その外の地域では明るく目立つものであった。迷彩服2型はこれに代わり、戦闘行動における隊員の生理的負担軽減や戦闘能力向上を図る目的で開発された、隊員用装具一式の一つである。

制式名称は、「戦闘装着セット」のひとつとして支給されているものは「戦闘服(一般用)」(旧迷彩服の後継)であり、戦闘装着セットが支給されていない部隊では「戦闘服2型」が支給され、ほとんどの自衛官に被服(他には夏冬制服や外套、短靴など)として支給されている物は「迷彩作業服2型」(OD作業服の後継)である。

国内外への配慮や専守防衛の観点から、一般に言われるデザート(砂漠)迷彩や、他国、他地域での戦闘を考慮した迷彩パターンのものは国内の実戦部隊には配備されていない。近年では、OD作業服の廃止により、災害派遣等の現場でこの新迷彩服を着用した隊員を見かけるようになった。


特徴

日本の平均的な植生の画像データを基にドット(斑点)状のパターンを形成している。この迷彩パターンは「迷彩2型」と呼ばれ、戦闘装着セットのほぼ全ての装備品に使用されている。

近距離における秘匿性が非常に高く、戦闘行動全般よりは待ち伏せにその威力を発揮するといわれている。これは専守防衛、日本国外で戦闘を行うことがない自衛隊の特殊な事情が影響している。また、素材は難燃ビニロン70%と綿30%(納入年度によっては50:50の物もある)で、600度の熱にさらされても約12秒間着用者を防護できる程の難燃性が付与されているほか、赤外線暗視装置での探知を困難にする近赤外線偽装が施されるなどの工夫が施されている。

戦闘装着セットに組み込まれている戦闘服(一般用)と組み込まれていない戦闘服2型は一見すると同じに見えるが、過去に支給されていた戦闘服2型のみ対赤外線偽装が施されている。また、戦闘装着セットの配備されている部隊にも従来のOD作業服に替わり迷彩作業服2型が支給されはじめている。近年戦闘服に赤外線加工をされない理由として後述のように通常作業でも着用する機会が増え、警衛上番時にアイロンをかける関係上対赤外線偽装がアイロンの熱で効果を成さなくなってしまうと言う理由もあるためである。

迷彩戦闘服は基本的に「戦闘」を目的とし、通常の作業等には使用されない予定であったが、2001年頃より中部方面隊や北部方面隊の一部部隊が通常勤務で使用したのを皮切りに全国の部隊で使用が開始され、現在では多くの部隊で日常的に着用されている。


出典 - フリー百科事典 ウィキペディアより

【迷彩服2型 - 概要・特徴】http://ja.wikipedia.org/wiki/迷彩服2型
【迷彩 - 自衛隊の迷彩】http://ja.wikipedia.org/wiki/迷彩
【戦闘装着セット - 画像】http://ja.wikipedia.org/wiki/戦闘装着セット




迷彩服2型の迷彩パターン.JPG
陸上自衛隊の現行迷彩パターン


Japan_Ground_Self_Defense_Force_soldiers_patrol_through_the_Central_Training_Area's_combat_town_March_17._The_JGSDF_recently_started_using_the_CTA_for_training_in_accordance_with_the_U.S._-_Japan_Alliance.jpg
迷彩服2型の上に防弾チョッキ2型を着用して訓練を行う隊員たち


Riflemen_from_the_Japanese_Ground_Self_Defense_Force_practice_first_aid_procedures_on_a_simulated_injured_soldier_during_a_medical_evacuation_demonstration_at_the_Nihonbara_Training_Area,_Japan,_Nov._12..jpg
戦闘訓練を行う隊員


JGSDF_22nd_Inf._official.jpg
バトラーを装着して戦闘訓練を行う陸上自衛隊員


Present_Arms_fixing_bayonet.JPG
64式小銃で着剣捧げ銃をする隊員達


513EFRCpgOL._SS500_.jpg
ゴジラ DVDコレクションV
(迷彩服II型を着用した自衛隊員が多数登場)

51Ba95GSOeL._SS400_.jpg
平成ガメラ Blu-ray BOX
(迷彩服II型を着用した自衛隊員が多数登場)